メガネ・補聴器で親切一番店を目指す「ミラール」

  • 〈新企画〉ランナーズ アイズ(現役アスリートがサングラスを熱く語ります) 池袋東武スポーツサングラスショップ 

〈新企画〉ランナーズ アイズ(現役アスリートがサングラスを熱く語ります) 池袋東武スポーツサングラスショップ 

2018.10.3  池袋東武店

長田マラソン

東武百貨店池袋店5階11番地メガネさろんでは、スポーツサングラスも専用コーナーを設けて、スポーツ愛好家のニーズに応える品揃えでご案内しております。

スポーツサングラスショップのチーフは、40代半ばを過ぎた今もフルマラソンを3時間以内で完走する本格的なアスリートです。

実際に、売場でも「使ってみてどうですか?」「どのモデルを掛けているのですか?」などとお客様からご質問をいただくことも多いので、不定期ですが、ランナーズ アイズ と題して、レースのリポート等をお届けします。

長田マニラ

Tシャツに下げているサングラスが今回のレースで用意したもの

スポーツサングラスショップのチーフ、長田(おさだ)です。

趣味でマラソンをしている自分が、スポーツサングラスについて、実際の経験をもとにお話しをしてみたいと思います。

年間で走るレースの数はさほど多くありませんが、5キロ~100キロのウルトラマラソンまで走る自分としては、レース中のサングラスは欠かせません。

実は先日、初めての海外レースとなるフィリピンのマニラで行われたハーフマラソンのレースに参加してきました。

今回持って行ったのサングラスは、ADIDAS(アディダス)のAD33

アディダスロゴ

ad33-75-6500-58-16-135_2skaliertスタート時間は午前3時と真っ暗な中のスタート、ゴールも日の出前でしたので、レース中にサングラスを掛けることはありませんでした、、、。

しかし、このサングラスの特徴は、スポーツタイプと遜色のない機能性を持ち、タウン用としても掛けられるデザイン性を備えた、まさにハイブリッドなサングラス。現在、雨季とはいえ晴れれば日差しが強く紫外線量も多いフィリピンなので、今回はレースよりも観光で非常に役立った次第です。

最近はこのような日常でも使用できるモデルも多く発売されており、少し前の話ですが、女子プロゴルファーの宮里藍さんが引退時に掛けていたモデルもスポーツサングラスっぽくないと注目を浴びました。

スポーツタイプには抵抗のある方にもお勧めします。

第一回のレポートはここまでです。

ちなみにこちらのOAKLEY(オークリー)も私が走る時に愛用しているモデルです。

oakley-crossrange-oo9371-0357-largeオークリーロゴ

東武百貨店池袋店5階11番地 メガネさろん・スポーツサングラスショップ にお越しください。楽しいランニングとサングラスのお話しをさせていただきます。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

 

当社公式FACEBOOKページからも各種ご案内等いたします。宜しくお願いいたします。  https://www.facebook.com/メガネ補聴器のミラール-912501585519611/

Back
池袋店 上尾店藤沢店
新着情報(blog) よくある質問お客様の声 アフターサービス
ページの先頭へ